悪性変異

体のどこかに傷ができる
他人からも見える場所が望ましいかな?僕のは右手薬指の第一関節背中側でした
放っておけば治るだろうと放置するも,いつまで経っても傷が塞がらない
仕方がないので絆創膏やガーゼで隠して日常生活を続けるが
数日経ったころから緑色を帯びた体液が滲みだし,
それと共に傷がむしろ広がっていく

どこかのタイミングで病院にいくと
・近所の町医者
免疫機能が低下して肌の再生能力が弱まっているのだろう.
栄養のある食事をしてしっかり睡眠をとればいずれ治る
と言われる.が,その通りにしても一向に治らず症状は進行する.
自発的,あるいは紹介により大学病院へと向かう


・大きめの大学病院
この緑色の体液は悪い感染症にかかっている証拠であり,
緊急入院が必要と言われる


あとは入院しながら自分に関する噂を聞いて
色々探って
自分が人ではない何かになりつつあることにSANcしたり
解決策を探して絶望したり
無事に深き者どもの一員となってハッピーエンド

特におもしろい訳ではなさそうな一人用シナリオ?

[PR]

# by torisora | 2016-11-09 19:16 | coc  

ヒトガタリターンズ 沖島

タイトルはどうしようかな…最後でいいか
NPCはソフトークさんにしゃべってもらいます.
あるいは人がおったら全部ゆっくりにしゃべらせてもええな

【概要】
探索者達が沖島へ向かう
佐々木の家を調べる
日記からヒトガタについて,深き者について知る
古びた教会を調べる
隠し通路の先に巨大なヒトガタを見る
教会から出てきたとこで住民達に見つかる
殴り殺すか,DEX対抗で逃げる
船で脱出


【導入】 まあ10分くらい?
USJでの騒動を終えて,柳宿,栗本はそれぞれの日常へと帰っていた.
あるいは精神を病んでいるかもしれない.ガンダゴウザは知らない.
そんな折に黒岩から電話がかかってくる.おそらく柳宿へ.
「柳宿君.私だ,黒岩だ.」
「少し話したいことがあるので会ってもらえないだろうか」
「用件は会った時に話すよ.」
「では土曜日の昼に君の研究室に伺うとしよう」
「栗本君も呼んでおいてくれ.それでは」
と言って電話を切ります

土曜日になり,探索者達は待ち合わせ場所で黒岩が来るのを待っています.
柳宿と栗本の二人が,柳宿の研究室で待っている状態ですね.茶番挟むなら
コンコンとノックの音が響きます.(どうぞ)
「失礼するよ」と言って黒岩が部屋に入ってきます.探索者達と向かい合うようにしてソファーに座ります.
「今日は突然すまなかったね.君たちも色々あって疲れているだろうが,
まあちょっと話をさせてくれ.」
「先日のUSJであった騒ぎの中心に佐々木小次郎というマジシャンがいたことは
君達もよく知っていると思うが,私はこの数日,彼について調べていた」
「彼の遺体は舞台上から何者かによって落下させられたライトによって潰されており,
詳しく調べることはできなかったが,彼の所持品を検めていたところ,
彼がS県の沖島という場所の出身であることが分かった.」
「そこで私は,その沖島へと調査へ向かうべく準備をしていたのだが…」
「USJの件はただの事故であり,これ以上調べる必要はない,として捜査を打ち切られてしまった.あれが単なる事故などではないことは君達も知っての通りである.」
「長くなってしまったが,頼みたいことというのは他でもない
私の代わりに沖島の調査に向かってほしいのだ.」
「事情に通じており,私が頼ることのできる人間は君達しかいないのだ.
どうか,よろしく頼む.この通りだ.」
と言って黒岩は少し剥げ始めた頭を下げました.

引き受けない場合 シナリオ終了,ハッピーエンド

引き受けた場合
「本当にありがとう.警察は頼りにならないだろうから,
もしもの時のためにこれを渡しておく.活躍する機会がないことを祈るよ.」
と言って小型の拳銃をテーブルの上に置きます
「私は同行できないが,できる限りの支援はしよう.
何か必要なものがあれば言ってくれ.出発までに用意しておく.」

    持ち物チェック


「そうそう,沖島への交通手段だが,1日に何便か連絡船が出ているからそれを使うといい.
もっとも,もし沖島で何か起こったときに,帰りの船があるとは限らんがな」

合流ポイント
PLが自来也のことを思い出してくれればそのまま流れで,
もしスルーされてしまったら【アイデア】で誘導する
電話でもしてもらって沖島までの船を出すことを約束させる

「現地に知り合いがいるのか?それはいいことだな」
「沖島には寂れた漁村が一つあるだけのはずだが,何かが潜んでいるのかもしれん.
くれぐれも用心してくれ.よろしく頼む.」
と黒岩は最後にもう一度探索者達に向かって頭を下げ,部屋を出ていきました.


【沖島まで】
探索者達は八幡村の港に集合する.

  【沖島のMAPを渡す】
地図を見てどこに船をつけるか選んでもらう

時間は何時でもいいや.日中なら普通にいける代わりに見られるかもね
幸運,運転】で見つからずにこっそり着岸できたか判定
夜なら見られずに済むが,灯台がないので漁師の勘で進むことになる.
やはり【幸運,運転】で無事に目指していた場所に着けたか判定する.

連絡船に乗った場合
近江村の港からは10:30と15:30の1日2本.片道15分
沖島からは10:00と15:00の2本.
連絡船は基本的に沖島の漁港に停泊していて,1日2回だけ近江村と往復する.
連絡船の鍵とかは漁港にある船乗りの集会所みたいなとこに保管されているので
もしも船の知識がある探索者がいれば,鍵を奪って運転して逃げることも可能だろう.

連絡船そのものは最近新しくなったみたいできれいな写真しか手に入らなかったが,
このシナリオではもっとぼろくさい小さなもののイメージで

漁港には小さな漁船がいくつか並んでいるが,
自分で海に潜って魚をとる深き者も少なくないので,数はそれほど多くない
自来也の船で適当に人のいなさそうなとこに止める場合は港の描写はしない
c0021816_09395459.png
左下は沖島食堂.漁師達が昼食をとったり,夜に酒を飲んだりする.
ヒトガタが食べられるかもしれない.
左上は沖島神社.大いなるクトゥルーと母なるダゴンを祀ってる.
右上が打ち捨てられた教会.佐々木の実家である.

【沖島着~教会】
沖島は騒ぎを起こさなければただの寂れた漁村である.
日中は住民が歩いているので普通に話ができるし,
夜はみんな寝ているので物音を立てなければこっそり行動できる.
探索者達は佐々木について沖島の出身であるということしか知らないので,
基本的に村の住民に佐々木の家について教えてもらわなければならない
もし自力で探すってなると,【幸運】で棄てられた教会にたどり着く

港に到着
・そういえば漁船が人口に対して少ない
・食堂にいくとヒトガタが食べられます
・一応駐在所があります.できました.

駐在所
小さくてぼろい.APP9のおっさん
この村にはテレビがあまりないようで佐々木の死については知らないかも d69
教会の場所は教えてくれる
ついでに神社も

船に乗って教会へ直接海を走っていく
船に乗るタイミングで[アイデア]
視線を感じる

山道を進んでいく
入るところでアイデア
おばちゃんが見てる

教会にたどり着く.適当に描写
足元を[目星]しておくと比較的最近できたと思われる足跡
足跡は入口からまっすぐ奥の方へ続いていき,
礼拝台をずらすと地下へ続く階段が現れる
階段を下りていくと小さな部屋.
机に古いノート
父親の日誌の後に佐々木の書き込み
扉の先に進んでいくと地底湖的な
白骨化した死体.
湖をのぞき込むと白い影が見える
それが近づいてくる.陸に上がる
ヒトガタと戦闘

ヒトガタ 40年物
HP24 装甲打撃に対して1
掴む 30
ひっかく 40
DEX 8
ある程度削ると一応逃げようとする.1Rサンドバッグ

ヒトガタを殺す.
地上に戻ってくると[聞き耳]入口から何人かの足音
外から見てると地下へ入っていく
蓋を戻す
逃げる

外へ出てくると






[PR]

# by torisora | 2016-10-08 07:55  

下水道

クソに流されて殺す
クソに埋もれて殺す

前回のUSJから,一瞬だけ登場した警察NPCの黒岩が
魔術師の佐々木について調べると出身がスペイン村(仮)であることが分かった
スペイン村は中世ヨーロッパの町並みを再現した観光地であり,

そしてマジックショーの舞台からいつぞやの羊頭の銅像が見つかる
儀式に使用されていたものと思われる.
一連事件にスペイン村が関係している可能性があるが,
今は観光シーズンであり村からは警察による大規模な捜査はお断りされてしまった
そこで事件の関係者である探索者達にスペイン村の調査を依頼することとなった

調査には黒岩自身,あるいはその部下のなんとか君が私服警官として同行する
処理がめんどいので一人だけ.公的権力が必要な場合の対処,戦闘要員

柳宿及び栗本には黒岩から依頼
ガンダゴウザは観光で遊びに行ったらまた巻き込まれたんだろう


スペイン村探索リスト
・佐々木の住所となっていた場所
・下水道博物館
・派出所
・教会


何故佐々木が本拠地のスペイン村ではなくUSJで行動を起こしたかと考えると
スペイン村とは信仰するものが違うか考えが違うのかだろうと推測できる
とすれば,スペイン村でメインになるのはハスターそのものではなくその眷属か親戚か
そしてある程度の信徒がいれば召喚・維持は既にできているかもしれない
では何故今回スペイン村で事件が起きるのか?
それはもちろんはぐれ者の佐々木が騒ぎを起こして死に,それによって
事件を嗅ぎまわる探索者達が村にやってきたからである
知ろうとしなければこの村は平和な観光地なのだ

とすれば佐々木の家を尋ねるときは誰かに見られていないか確認すべきだな
家の中には日記があって村との考えの違いに悩んでいることやらが書いてあってもいい
この村にいる何かに対する示唆があってもいい

打ち捨てられた古い教会と,新しい教会の二つがあって
新しい教会は観光用に作られた普通の建物なんだけど
古い教会はその昔この土地に住んでいた人々が信仰していた何かを祀っている
c0021816_14092195.jpg
奥まで進んでいくと台の近くだけ埃の積もり方が違っていて
最近動かされたということに気づく
オルガンで何かを演奏すると開く,なんてするとバイオっぽいけど
まあ普通にズラしてやればいいよ.で,地下への階段があるんだ
階段を下りると長い通路になっていて,その外装や,何よりも漂う臭いから,
この村の下水道の一部であることが分かる
という訳で下水道ダンジョンに合流

ニーアみたいに人間のふりをした人間じゃない何かはいいな
崖の村だ
穏やかに暮らしていたのに,嗅ぎまわる人間が出てきて破綻したせいで
殺し合うしかなくなって全員殺すんだ
この村の真実を知った佐々木が全てを灰にするためにハスターを呼びにいった

となると,元々は外部の人間ということになる.
佐々木本人,あるいは父がスペイン村にやってきて小さな教会を建てる
なんらかの事故で父および教会が崩壊し,佐々木が住民たちの正体を知る
教会自体はクトゥルフさんを祀るものとして新しく建てられる
ハスター対クトゥルフの代理戦争,前見た動画でやってたな
ってなるとこの村は深き者の巣ってことになるし,
となれば場所が山奥ではなく海沿いになるな
下水道ダンジョンは諦めるか
その代わり川あるいは海に通じる水路があってそこを探検しよう

作りたいアイテム
・父の運営日誌
・佐々木の日記
・深いやつの写真?

父は単なるキリスト教
佐々木はキリスト教から始まったかもしれないが,
深き者に父を殺され,真実を知り,それに対抗するためにハスターを知り
信仰するに至る

背景はそんなもんでいいや
ラストはどうすっかな?
・深いやつを皆殺し
・スペイン村の深き者が飼っている何か(あの白いもこもこ)

タスクを考えよう
依頼者は黒岩,新キャラはめんどくさいし黒岩本人が随伴でいこう
事の始まりはUSJで佐々木が起こした騒ぎであり,そこにあった手がかりを辿って
スペイン村にいくことになる.何のために行くんだ?
調べようとしたら警察のもっと上の方から止められた
よって警察外部で頼れそうな柳宿と栗本を呼び出した.OK
もちろん佐々木について調べにいくし,この裏に隠された何かがあるかもしれないと
一人でやるには騒ぎがでかすぎるしな.協力者がいたのではないかと考えるのは自然だし
それが出身地と関係している可能性について探りにいくのは当然だろう
まあ協力者なんていないんですけどね.作成したゾンビ達ですので
では依頼の内容は
「USJの騒ぎの犯人である佐々木の出身地スペイン村を調査し,それが所属する組織や協力者がいなかったか調べる.もしいた場合,対処できそうであれば対処する.」

もはやスペイン村も下水道も関係なくなってきた.その辺はまた今度にするか
てえなるとあれ,この村は佐々木のバックになるのか?
いや…協力者がいるかもしれないって探しにいったら
もっとやばいのがいて,殺されそうになったので殺した
これでええな
黒岩はクトゥルフに関する知識は恐らくないので
テロ組織として調べにいくのかな

沖島じゃん
八幡村でヒトガタ遊びしてたな
あれはたぶん当時若くてセックスしたかったし子供産まれるとめんどくさいからヒトガタにしたのかもな
じゃあヒトガタが沖島でこっそり作られて食われていることにするか
そんで佐々木はヒトガタの秘密を盗んで島の外に逃げたんだ
じゃあ現在は沖島ではヒトガタがいない方がいいな
お,じゃあボスはでかいヒトガタにするか
新しく作られることはないが,昔に作られた個体で現在もまだ生存しているやつがいる
とりあえず作り直すか


[PR]

# by torisora | 2016-09-26 16:49 | coc